愛犬ノエルとの日常と保護犬へのかかわり

by aiaiaiwan3838

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パピちゃん、車酔い~

パピは先日、長距離を車移動してきました。

う~ん・・・・・・

酔い止め薬を飲んだのにね・・・

もう、見てられないくらいに苦しみました。

e0191034_1622964.jpg


途中のSAのドッグランで休憩中

何とか元気だったけどね

e0191034_16271923.jpg


ちょっと暑い日だったね

e0191034_1630043.jpg


e0191034_1637527.jpg


行った先ではこんな感じで休んでました。

リラックスしている、というよりは、疲れ果ててうとうと・・・

e0191034_16402124.jpg


パピちゃん、大丈夫?

e0191034_16424167.jpg


この時はほとんどこの位置にいてこの状態でした。

e0191034_16454754.jpg


動いたのはそろそろ帰ろうとする頃・・・・

そして・・・・

e0191034_1649357.jpg


帰りの車では、高速の渋滞に巻き込まれ・・・・

そして。多分、薬の効果もなくなったのか・・・

ずっとだらだらとよだれを流し続けていました。

可哀想でした・・・・



e0191034_16572242.jpg


必死に耐えていたパピ・・・・・

でも帰宅したとたん、元気いっぱい!

でも、もう遠出は無理かな・・・・
by aiaiaiwan3838 | 2015-05-23 16:59 | Comments(0)

保護犬譲渡の条件とは

最近、パピの家族探しをしていて感じること。

譲渡する側には、いくつかの明確な条件があります。

それらはそれ相応の理由があるからです。

応募する側にその条件が整っていなければ、いくら欲しい、と思ってもかないません。

譲渡する側と、応募する側にはっきりとした意思疎通が整わないと成り立ちません。

私が利用している募集サイトで、募集条件に共通してほとんど入っているものは・・

① 単身者不可
② 高齢者のみの家庭不可・・万が一の場合、代わりに世話ができる(ワンコの)後見人があること
③ 未成年からの応募不可 ・・その際は保護者の同意と保護者からの応募
④ 同棲カップル不可
⑤ 家族全員の同意
⑥ 犬アレルギーないこと
⑦ ペット可の住居であること
⑧ 乳児、小学生以下の子供がいないこと
⑨ 近々出産の予定がないこと
⑩ 近々引っ越しの予定がないこと
⑪ 完全室内飼いであること

いかがでしょう?

今思い出しながら書いただけでもこれだけありますね。

もしかしたらもう少し追加で書かれていることもありますし、条件付きで可、としているところもあります。

譲渡の範囲を決めている場合も多く、全国どこでも可、としているのは大変珍しいです。

だいたい、こういう保護犬の募集サイトを見て応募してくること自体、意識がとても高い方なのです。

その気持ちは尊いし、保護犬を何とかしたい、という思いも素晴らしいことです。

私はずいぶん前に、ある保護団体のボランテイア募集に応募をしたことがあります。

どこの団体かは忘れましたが・・

アンケートに記入して送信しました。

しかし、いくらたっても返事がありませんでした。

しばらくしてから、簡単に返信があり、家族構成で不可となったとのこと。

私は一人です。他には兄弟のみの家族です。

応募したのは、譲渡会の手伝いや搬送のボラんでした。

???その内容に家族構成が関係あるの?

それからいろいろな団体さんのことを調べて、ひとつ選び、連絡をとりました。

とても共感したからです。

それはスマイルドッグです。

代表のトラママさんとお話して、とても心が勇気づけられました。

そのほか、個人で活動しているボランテイアさんとも、活動ブログを通して知り合い、とても助けられました。

今まで私が細々と続けてこられたのも、これらの方々のおかげだと思います。

さて。上記の譲渡条件に戻ります。


パピの譲渡条件にもいくつか同じような内容が書いてあります。

それぞれ当然と思う理由があります。

応募してくる方の中から、心が通じ合い、この家庭なら、と思うところにパピの将来を託したいと思います。

ワンコは自分で飼い主を選べません。ましてや保護犬は一度放棄されてます。

二度と放棄されることのないようにしなければなりません。そのためにも、条件は決めさせてもらってます。

それに合わなければ、そのように変えるか、または飼育は今は止める、もしくは条件に合うところを探す。

保護犬譲渡する側には、(何度も書きますが)相応の理由があって譲渡条件を設定しています。


それから・・・・

条件に合わなくて、または断られたから、といってショップでお金を出して買おうとする人は、もともとそんなに深く保護犬のことを理解していなかったのだと思います。

ペットショップで陳列されている子犬は、ブリーダーという名の繁殖屋で産まれ、幼くして親から離され、ストレスいっぱいの陳列ケースに入れられます。

本来なら親犬の下で健全に育てられ、社会性が身に付く時期なのに。

でも、繫殖屋にいる親犬だって悲惨です。一生ケージを出ることもなく、ただ子供を産まされるだけの生活。

ケージを出るときはもう体はボロボロ・・・そして放棄される時です。

最近は新聞沙汰になる事件が続いたから知っている人も増えたかな?

ペットショップで子犬を買うということは、そんな繁殖業者を儲けさせ、不幸なワンコを増やすだけだ、ということは、子供だってわかる理屈でしょう。


もっともっと、みなさん!

表に出ない真実を直視してみませんか?

私だって辛いことや悲しいことの現実を見つめるのは耐えられません。

しかし、これは現実に起こっていることです。

センターで殺処分される数のワーストワンは、なんと関東の県ですよ!


自分のできることは本当に少ないですし、ちゃんとできているかなんてわかりません。

しかし、自分の感じる感覚は間違っていないと信じます。
by aiaiaiwan3838 | 2015-05-23 16:09 | Comments(0)

保護犬譲渡の条件とは

最近、パピの家族探しをしていて感じること。

譲渡する側には、いくつかの明確な条件があります。

それらはそれ相応の理由があるからです。

応募する側にその条件が整っていなければ、いくら欲しい、と思ってもかないません。

譲渡する側と、応募する側にはっきりとした意思疎通が整わないと成り立ちません。

私が利用している募集サイトで、募集条件に共通してほとんど入っているものは・・

① 単身者不可
② 高齢者のみの家庭不可・・万が一の場合、代わりに世話ができる(ワンコの)後見人があること
③ 未成年からの応募不可 ・・その際は保護者の同意と保護者からの応募
④ 同棲カップル不可
⑤ 家族全員の同意
⑥ 犬アレルギーないこと
⑦ ペット可の住居であること
⑧ 乳児、小学生以下の子供がいないこと
⑨ 近々出産の予定がないこと
⑩ 近々引っ越しの予定がないこと
⑪ 完全室内飼いであること

いかがでしょう?

今思い出しながら書いただけでもこれだけありますね。

もしかしたらもう少し追加で書かれていることもありますし、条件付きで可、としているところもあります。

譲渡の範囲を決めている場合も多く、全国どこでも可、としているのは大変珍しいです。

だいたい、こういう保護犬の募集サイトを見て応募してくること自体、意識がとても高い方なのです。

その気持ちは尊いし、保護犬を何とかしたい、という思いも素晴らしいことです。

私はずいぶん前に、ある保護団体のボランテイア募集に応募をしたことがあります。

どこの団体かは忘れましたが・・

アンケートに記入して送信しました。

しかし、いくらたっても返事がありませんでした。

しばらくしてから、簡単に返信があり、家族構成で不可となったとのこと。

私は一人です。他には兄弟のみの家族です。

応募したのは、譲渡会の手伝いや搬送のボラでした。

???その内容に家族構成が関係あるの?

それからいろいろな団体さんのことを調べて、ひとつ選び、連絡をとりました。

とても共感したからです。

それはスマイルドッグです。

代表のトラママさんとお話して、とても心が勇気づけられました。

そのほか、個人で活動しているボランテイアさんとも、活動ブログを通して知り合い、とても助けられました。

今まで私が細々と続けてこられたのも、これらの方々のおかげだと思います。

さて。上記の譲渡条件に戻ります。


パピの譲渡条件にもいくつか同じような内容が書いてあります。

それぞれ当然と思う理由があります。

応募してくる方の中から、心が通じ合い、この家庭なら、と思うところにパピの将来を託したいと思います。

ワンコは自分で飼い主を選べません。ましてや保護犬は一度放棄されてます。

二度と放棄されることのないようにしなければなりません。そのためにも、条件は決めさせてもらってます。

それに合わなければ、そのように変えるか、または飼育は今は止める、もしくは条件に合うところを探す。

保護犬譲渡する側には、(何度も書きますが)相応の理由があって譲渡条件を設定しています。


それから・・・・

条件に合わなくて、または断られたから、といってショップでお金を出して買おうとする人は、もともとそんなに深く保護犬のことを理解していなかったのだと思います。

ペットショップで陳列されている子犬は、ブリーダーという名の繁殖屋で産まれ、幼くして親から離され、ストレスいっぱいの陳列ケースに入れられます。

本来なら親犬の下で健全に育てられ、社会性が身に付く時期なのに。

でも、繫殖屋にいる親犬だって悲惨です。一生ケージを出ることもなく、ただ子供を産まされるだけの生活。

ケージを出るときはもう体はボロボロ・・・そして放棄される時です。

最近は新聞沙汰になる事件が続いたから知っている人も増えたかな?

ペットショップで子犬を買うということは、そんな繁殖業者を儲けさせ、不幸なワンコを増やすだけだ、ということは、子供だってわかる理屈でしょう。


もっともっと、みなさん!

表に出ない真実を直視してみませんか?

私だって辛いことや悲しいことの現実を見つめるのは耐えられません。

しかし、これは現実に起こっていることです。

センターで殺処分される数のワーストワンは、なんと関東の県ですよ!


自分のできることは本当に少ないですし、ちゃんとできているかなんてわかりません。

しかし、自分の感じる感覚は間違っていないと信じます。
by aiaiaiwan3838 | 2015-05-23 16:09 | Comments(0)

今日という日

天気の良い日ですね

ノエくんの笑顔が目の前に浮かびます

一緒にお散歩行きたいな・・

19歳でよぼよぼでも

抱っこでお外に行きたかったな


さて

これからみんなでお散歩ですが

その前にちょっと更新しちゃいます

写真がたまっているのでアップします

e0191034_12295669.jpg


家でまったり中のるる

あまりに可愛いので載せちゃいました

e0191034_12352644.jpg


るるとミカはほぼ同じ歩幅で並んで歩けます

e0191034_12384986.jpg


パピはこんな風におちゃめです!

e0191034_12424544.jpg


るるはこうした振り返りショットが可愛い!

e0191034_12451990.jpg


パピがここの横について歩くのはなかなか難しいかな

e0191034_1248572.jpg


パピちゃんはこうして静止画像を撮るのが難しい

e0191034_1254031.jpg


ミカもね~

なかなかチャンスは少ないね~

e0191034_12563231.jpg


パピはふたりからちょっと遅れて歩きます

e0191034_12582812.jpg


途中でパチリ!

e0191034_136439.jpg


みんなこっち向いてくれました!

e0191034_1318754.jpg


さて

この日は獣医さんに行きました

久々の3にんそろっての2階のソファです

e0191034_132125100.jpg


パピちゃん、とっても愛らしい表情ですね!

e0191034_13243818.jpg


横顔もいいね

向こう側にはるるがいます

e0191034_13271252.jpg


るるは相変わらずここにいる大きなわんちゃん(輸血のために飼われているマスチフ)の吠える声に反応してます

e0191034_13321157.jpg


もちろんミカもいますよ

この日は狂犬病の注射と、パピのフィラリア検査、酔い止め薬処方もお願いしました

e0191034_13403928.jpg


パピはスリングに乗ってます

なんだかみんなの個性が出てますね

e0191034_1345183.jpg


るるの表情・・・・胸キュンです

e0191034_13483737.jpg


パピはとっても朗らかで若さがはじけんばかり!

e0191034_13513937.jpg


とっても可愛い!

e0191034_13532491.jpg


このあといつもの川沿いの散歩道に行きました

何度も写真を撮った場所でパチリ

e0191034_13593572.jpg


e0191034_140338.jpg
e0191034_1424582.jpg
e0191034_144665.jpg


みんなで坂道を登ります

さて

そろそろ今日の散歩に行きますか!


e0191034_14133682.jpg


ノエくん安らかに

亡くなる前日のノエくんです
by aiaiaiwan3838 | 2015-05-10 14:14 | Comments(0)

ノエくんの誕生日

こんなに遅い時間の更新・・・・

日付が変わり

今は5月10日ですね

そう

ノエくんの19歳の誕生日なんですよ

それを考えただけで涙が出てきます

もし病気をしなければ

ノエくんはよたよたしてるだろうけど

きっと今も私のもとにいてくれたはず

永遠のノエくん

e0191034_2131825.jpg


2008年のノエくん

e0191034_2161762.jpg


2007年のノエくん 毛並みが見事です

e0191034_2183715.jpg


清里での私たち

e0191034_2215636.jpg


狭い我が家でのノエくん

e0191034_22625100.jpg


2008年、一緒に初詣

e0191034_2312776.jpg


2010年のノエくん  後ろにるる、そして保護していたネネがいます

e0191034_234147.jpg


2012年のノエくんとるる

このバギーで獣医さんに通ったね

るるも乗りたがって

いつも一緒だったね

この写真は3月

亡くなった年・・・この5か月後の8月2日・・命日

ノエくん、ノエくん、ノエくん

君がいるところが私の家だった

君といると安心だった

そんな存在は二度とない

君のかわりなんていない

喪失感

愛しい愛しいノエくん

戻ってきて・・・・・
by aiaiaiwan3838 | 2015-05-10 02:36 | Comments(0)

もう5月!!!

なんとなんと

とっくに5月に突入しちゃってますね・・

我が家のわんこさまたちは元気に過ごしておりますよ。

いやいや・・・

ブログ更新の余裕がなかったな~

4月から本当は第二の人生だったのにね

年がわかっちゃうけど

つまり再出発の年度です。

我が家の長男は、最近は体力が落ちてきているかな・・・

特に急に暑くなったので、散歩の途中でもは~は~してしまいます。

e0191034_1173510.jpg


お水飲んでもこうして道路にぺたっと伏せてしまいました。

e0191034_1110575.jpg


最初は元気なんだけど

持続力がないというか・・

e0191034_1112594.jpg


相変わらず 可愛いんですよ!

e0191034_1113725.jpg


ね!

e0191034_11143166.jpg


弟たちも元気です。

e0191034_11212325.jpg


パピたんも満面の笑み!!!

運動、遊びが大好き!

十分に遊んでくれる里親様大募集中ですよ!

e0191034_11261745.jpg


ミカぽんはなかなか静止する場面がなくて、写真に撮りづらい!

e0191034_1127583.jpg


パピたんはカメラを見てくれます。

名前を呼ぶと見てくれるのはありがたい!

e0191034_11313137.jpg


お散歩はるるとミカがそろって歩いてくれますが、パピたんだけはうろちょろしてます。

e0191034_11413938.jpg


e0191034_1145452.jpg


これは、途中でリタイアして収納、となったるるです。

ばてちゃったんだね~

ちっちゃいからまだまだ子供だと思っていたら。

実は今年7歳なんだよね・・・・・

もうりっぱなシニアだね。

e0191034_1153364.jpg


散歩途中でパチリ

e0191034_11575132.jpg


いつの間にかパピがセンターに!

結構気の強い子ですね。

いいことです!
by aiaiaiwan3838 | 2015-05-05 12:02 | Comments(0)